メインイメージ画像

妊娠されていたら様々な気配りがされます

近年では、「おめでた婚」という、マタニティでの結婚式を開く若者が数多くいます。それらの若者用に、マタニティ用のドレスを提供したり、打ち合わせ期間を縮めたり、という嬉しいお手伝いを提供している会場も多いのです。また、健康状態を一番に考えるために、通常は来場が多いミーティングも、電話やメールを中心にすることもできるでしょう。挙式当日でも、経験を持つ係の人がスタンバイしてくれるので、もしものときも安心できますね。

結婚ときの手続きといえば、本当に多くのものがあるのです。

何はともあれ、婚姻届を提出するのが先ですが、これにも少し注意点があるのです。書類は近場の役所で受け取れるのですが、婚姻前の本籍地とは異なる役所への提出のときは、戸籍謄本が必要になるはずです。そして、2名の証人が署名しなければいけないので、前から兄弟や親などに了承をもらっておくようにしなければいけません。婚姻届の次に、移動に関わる、転入届や転出届などというものがあります。



結婚式に夢を持つ若い女性も沢山いるようですが、場所の下見だけではイメージができにくいこともあるのではないでしょうか。そんなときこそ行くべきなのが、ブライダルフェアで、ほとんどの結婚式場では一定の間隔でブライダルフェアを実施しています。ブライダルフェアでは、模擬セレモニーや模擬パーティーが現実に沿った内容で実施されるので、出席者の目線からもチェックができ、非常にためになるに違いありません。結婚式場によっては、試食会を同日執行する場合も多いので、出席者にとってのお楽しみである食事を調べることもできるはずです。